チャクラ開花


チャクラは、サンスクリット語で「車輪」「回る」という意味です。

人体には主要な7つのチャクラがあり、そこがエネルギーの出入口となっています。

 

このチャクラが車輪のように回って、活力を生み出しています。

精神的・肉体的にエネルギーが満ちたパワーのある状態で生きていくには、「チャクラを整える」ことがとても重要な要素になります。

 

「チャクラの浄化・活性」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

浄化・活性というのは、チャクラに付着しているマイナスエネルギーを浄化し、回転数を整えたりすることで活性させるという意味です。

 

「チャクラの開花」というのは、チャクラの器自体の大きさを本来の状態「100%」に開くという意味で、通常ではなかなか出来ないことです。

ヨガを極めたり、かなり修行的なことをして精神性を極めなければそこまで到達出来ません。

 

特に、第7チャクラ(頭頂)は、第1~6チャクラがすべて開花していなければならないため、大変ハードルが高いです。

 

それが、当方のエネルギーワークにより、7チャクラの開花度を100%に整えることが可能です。

 

 

 詳しくはこちらのページをご覧ください。