<宇宙の叡智>ツインソウル・ツインフレーム


魂の仕組み

 

ツインソウルやツインフレームとの出会いを切望されている皆様におかれましては

まず、魂の概念の理解から初めて頂きたいと思います。

 

魂の伴侶と表現されることが多いツインソウル・ツインフレーム、

魂の仕組みは一体どのようになっているのでしょうか?

 

今回初めて、魂の分裂~統合までの仕組みを明かします。

(この情報は、ユリアが天界より得た最新の情報です)

 

 

 

スピリチュアルなお話の中で良く耳にする【ソース】というのは、無数に存在している銀河に一つずつあります。

まず、このソースから魂が分裂を始めることになるのですが、

ソースからの分裂回数は、全部で5回です。

 

ツインフレーム・ツインソウル

 

 

 

〔分裂:第一段階〕

まず、一回目の分裂により生まれる魂の数というのは各ソースにより異なるのですが、

【2~9組(4~18個)】の魂に分割されます。

 

このひと組は男女のペアとして設定されており、これが【ツインフレーム】です。

ソースから一回目の分裂で生まれた魂なので、他の段階と比べると一番エネルギー量が多くパワーがあります。

 

 

〔分裂:第二段階〕

次に、ツインフレームの一つ一つがボイド(次元の裂け目)を通過する時、更に魂が2分割されます。

ここで分割されたペアは、【ツインソウル】です。 

 

 

〔分裂:第三段階〕

次に、第二段階で分裂したツインソウルの一つ一つが次のボイドを通過する時、魂が更に2分割され、

ここでもまた、ツインソウルが生まれます。

 

 

〔分裂:第四段階〕

同様に、ツインソウルが生まれます。

 

 

〔分裂:第五段階〕

同様に、ツインソウルが生まれます。

 

・・・ここまでが【分裂のプロセス】です

 ここから【統合のプロセス】に入ります

 

〔統合:第一段階〕

〔分裂:第5段階〕の魂が、100回以上の輪廻転生により、この段階での学びを終えるとようやくツインソウルと再会することが出来ます。

 

ですが、再会したからと言って必ずしも結婚する必要はなく、

一度お互いのオーラが触れ合えばエネルギーが融合するため、それで再会の意味を成します。

(インターネットや音声による接触の場合、再会したことにはなりません。)

 

 

 

〔統合:第二段階〕

〔統合:第一段階〕のプロセスを終え、無事、統合が成された魂は、次の統合段階として〔分裂:第四段階〕の領域に戻ります。

 

ここでも100回以上の輪廻転生により、この段階での学びを終えるとようやくツインソウルと再会することが出来ます。

 

 

 

〔統合:第三段階〕

〔統合:第二段階〕のプロセスを終え、無事、統合が成された魂は、

次の統合段階として〔分裂:第三段階〕の領域に戻ります。

 

ここも今まで同様、100回以上の輪廻転生により、この段階での学びを終えるとようやくツインソウルと再会することが出来ます。

 

 

 

〔統合:第四段階〕

〔統合:第三段階〕のプロセスを終え、無事、統合が成された魂は、

次の統合段階として〔分裂:第二段階〕の領域に戻ります。

  

100回以上の輪廻転生により、この段階での学びを終えると、

今度は【ツインフレーム】に再会することが出来ます。

この段階は、現実的に覚醒体験を終えているか、覚醒するということの意味を十分理解している状態で出会われます。

オーラが交わる範囲内に二人が居ると、広範囲にその影響が広がります。

 

 

 

〔統合:第五段階〕

ツインフレームの中でも、霊格が最高レベルの「仏界」に居る場合、この段階になります。

ツインフレームの中でも特にエネルギー量が多いため、

再会することによりエネルギーが激しくスパークし、辺り一帯停電を引き起こすケースもあります。

それ位、この段階のエネルギーパワーは強烈です。

 

 

 

偶然にもツインフレーム二人のオーラが交わる範囲に居た方は、

抱えている問題がスムーズに解決へと導かれる等、円滑現象が起こります。

二人は、同じ目的に向かい協力し合う唯一無二のパートナーです。

既に感情の浄化がされているため、ツインソウルのように突然、音信不通になるなど、ご縁が切れてしまうようなことはまずありません。

ツインフレームカップルの多くは、利他共の精神を発揮し、地球のため、万人のために使命を果たす流れになっていくのですが、このことを早く理解することが出来、行動に移せるのは〔統合:5段階〕のカップルです。

 

ツインフレームは死後、光となりソースへと還ります。

2人の魂が統合されソースへ還ることで、ソースが拡張され、それに伴い銀河も膨張します。

天は、多くの魂が統合され、光に還ることを強く望んでおられます。

 

 

通常、一つの段階を終えるのに、最低100回の転生が必要ですが、これをショートカットさせて次の段階に進むことが出来るように、「重力波動エナジーワーク」という最強ヒーリングをこの地球に降ろして下さいました。

このエナジーワークは、霊格(魂の段階)の上昇を伴う最強ヒーリングです。

「霊格が上がる」ということは、「100回以上の輪廻転生をショートカットする」ことになるので、どれだけ強力なエナジーワークであるか、ご理解頂けると思います。

そして、天は更に、その段階での輪廻体験を短縮させるために、「恋の女神 ヴィーナスヒーリング」を降ろして下さっているのです。

 

 これらの説明がすべて理解できた方は、

「重力波動エナジーワーク」を受けない手はないでしょう。

 

 


あなたはツインフレーム・ツインソウルに出会うことが出来るでしょうか?


 

【鑑定】あなたの魂の段階は?

 

A)あなたが今居るステージは、統合に向かう何段階目か?

 

※この鑑定により、あなたがその段階の最終転生で出会うのがツインソウルなのか、ツインフレームなのかが判明します。

 

<参考>

〔統合:第一段階〕 ツインソウルと出会える段階 (注1)出会う確率は極めて低い

〔統合:第二段階〕    〃          (注2)出会う確率は低い

〔統合:第三段階〕    〃          (高確率で出会う)

〔統合:第四段階〕 ツインフレームと出会える段階(注3)二人で使命を果たすまで時間を要することが多い

〔統合:第五段階〕  ツインフレームと出会い二人で使命を果たす段階 

 

※注1) この段階では高確率で出会えるのは、生まれる前に決めていた結婚相手です。

※注2) この段階では通常ツインソウルに出会う確率は低くなりますが、追加のエナジーワークにより確率を上げることが  

     可能です。生まれる前に決めていた結婚相手にはかなりの高確率で出会うことが出来ます。

※注3) 追加のエナジーワークにより第五段階まで持っていくことが出来る場合があります。(要相談)

 

 

 

B)あなたの転生回数は今、何回目?

(今居るステージでの転生回数)

 

※この鑑定により、そのステージの初期なのか、終盤なのかがわかります。終盤であればツインソウルもしくはツインフレームに出会う可能性が高い魂であることがわかります。

 

【鑑定料金】 A+B 13,000円

【必要事項】 お名前、ふりがな、生年月日

 

※アドバイスも添えて鑑定結果をお知らせします。

※鑑定は、着金確認後3~5日程度のお時間を頂戴致します。

 

◆補足◆

 各ステージの最終段階に到達するまで、

100回以上の転生体験が必要です。

 

なので、100回以下の場合は、

まだ、ツインソウルやツインフレームとの出会いが設定されるレベルにまで進化していない・・・ということになります。

 

鑑定させて頂くと、

転生回数100回以下の方が非常に多いので、その場合

自然に任せておくとツインソウルやツインフレームに出会うことは<不可能>です。

 

ですが、

天より降ろされた「恋の女神ヴィーナス」ヒーリング」ほか、

あなたに必要なヒーリングを受けることで、途中の転生体験をスキップすることが出来ます。

それにより、ツインソウル・ツインフレーム、

もしくは生まれる前に決めていた結婚候補との「現実的な出会い」を引き寄せることが可能になります。

天は、多くの方が魂の統合に向かわれることを望んでいらっしゃいますので、水面下で出会いのサポートをして下さいます。

 

既に、非常に稀な【統合:第四段階】の方が二名いらっしゃいましたが、お二人共、「恋の女神ヴィーナスヒーリング(三回連続)」を受けることにより一週間後、一か月後にツインフレームを引き寄せておられます。

今後の進展については、お互いの自由意思と意識の進化度合いにより多少異なってきますが、この段階では互いに協力し合う前段階のケースが多いように感じます。

 

【統合:第5段階】のツインフレームの場合は、とてもスムーズに早い段階で互いが協力し合い、使命を果たす流れになっていきます。

 (注)恋の女神ヴィーナスヒーリングは、一ヶ月に受けられる回数が3回までと決まっています。

この引き寄せのヒーリングが1回でOKな方、3回必要な方、翌月も追加が必要な方と・・・当然、転生回数により必要量が異なってきます。

必要回数については、天界にお聞きした上でアドバイスさせて頂きます。

 

※当ページの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

引用する場合は、引用と分かるデザインで掲載すること、一切修正せずに掲載すること、当ページの引用元を明記することをお願い致します